HOME >> 大学案内 >> 認証評価
大学案内
   

認証評価

   川崎市立看護短期大学 自己評価委員会
平成18年
 川崎市立看護短期大学は、独立行政法人大学評価・学位授与機構による 短期大学機関別認証評価を受け、「基準を満たしている」との評価を得ました。
 認証の結果 では、川崎市立看護短期大学の主な優れた点として 次のことが評価されました。
  • ○ 自己評価委員会の活動の一環として、学長・助手を除く教員が、 卒業生の就職先や実習施設を訪問し、関係者及び卒業生から意見を 聴取することにより、短期大学が学生に身に付けさせようとする学力、 資質、能力の達成状況を把握し、教育内容や学生指導の改善を図っている。
  • ○ 学生が常時使用できる環境として、グループワークコーナー等が整備され、 自主的学習環境として効果的に利用されている。
  • ○ 独自の奨学金である川崎市立看護短期大学奨学金を設けている。

  
平成25年
 川崎市立看護短期大学は、大学基準協会による認証の評価を受け、「短期大学基準に適合している」と認定されました。
 認証の結果 では、川崎市立看護短期大学の主な優れた点として 次のことが評価されました。
  • ○ 1999(平成11)年より、毎年卒業生の就職した近郊の医療施設を訪問し、 教育担当職員から貴短期大学の教育に対する意見・要望を聞き取り、教育内容にフィードバックする試みを継続している点は評価できる。
  • ○ 教員の専門性を生かし、公開講座の開催のほか、看護職のための生涯学習支援として教育プログラムを開発し、「夜間看護サテライト」看護セミナー、「看護師のための生涯学習プログラム」、講義、演習、研究指導などの「看護研究支援プログラム」や神奈川県立川崎高校福祉講座などを実施している。さらに、川崎市などの教育機関、医療、福祉機関などと連携し、講演や研究支援も行っている。特に、地域に潜在する看護職員の人材育成を実施し、市内で唯一の公的看護師養成機関としての責務を果たしており、評価できる。

▲このページの先頭へ戻る